ディメンシア・フロント株式会社

横浜市、川崎市などの認知症予防・改善のための「つながる検査」


〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-4
TEL 045-476-2120

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  開発プロジェクト

開発プロジェクト

「予防可能性を上げる認知症リスク検査装置」の開発、従来からの検査装置を活用して認知症リスクをタイプ別に判別するソフトなどを開発しています。

 

超早期の認知症リスク・スクリーニング装置(特許出願済み)

聴覚による賦活脳波測定装置です。

 

特許

認知症の予防・治療を目的とした研究を進めています。たとえば脳波から認知症発症リスクを判定する簡易な脳波計測システムや睡眠センサーマットの計測結果と血液検査の結果を合わせて、認知症リスクのタイプ判定できるアプリケーションなどです。

平成30年5月
まちなか睡眠計測ステーション「睡眠評価方法及び睡眠評価シート、並びに、睡眠評価結果に基づいて脳機能疾病を識別する識別方法及び識別シート」
(審査請求中)

平成29年12月
まちなか睡眠計測ステーション「脳機能疾病識別方法及び該方法を含むプログラムを実行するコンピュータプログラムプロダクト」
(登録済)

平成29年7月
簡易型脳は賦活装置と解析シート「脳機能疾病識別方法及び該方法を含むプログラムを実行するコンピュータ用のプログラム、並びに睡眠評価シート」
(登録済)

 

商標権

特許の状況により、より親しみやすいキャラクター、キャラクターグッズの活用による事業化も進めています。

平成31年2月
睡眠先生(申請済)

平成30年6月
知薬・眠りの検査(審査請求中)

平成30年2月
まちなか睡眠計測ステーション(登録済)

 

実証実験プロジェクト

平成29年10月~平成30年3月「まちなか睡眠計測コンソーシアム」
パラマウントベッド株式会社主催、ディメンシア・フロント株式会社と医療法人社団フォルクモア協力して川崎市30薬局にてパラマウントベッド社の「眠りスキャン」を活用して事業化に向けた実証実験を行った。

<プレスリリース>

 

製品化

平成30年6月
「まちなか睡眠計測アプリケーション」完成
*「まちなか睡眠計測クラウド」運用開始

平成30年2月
「脳波測定装置」特許取得済 データ収集開始
*聴覚賦活脳波計測装置

<聴覚賦活脳波実証実験モニター用>

 

モデル事業

 

平成28年度 神奈川県医療機器開発支援モデル事業<採択>

公益財団法人神奈川科学技術アカデミー イノベーションセンター 知財戦略グループ

<概要>
医療機器申請を目標にした人材派遣等支援に関する事業
<期間>
平成28年8月23日~平成29年3月24日

 

知的財産活動

  知的財産の重要性を認識し、本活動を通じて新規事業の立ち上げ、事業の拡大、成長を目指して活動を行っています。
 

平成30年度 横浜知財みらい企業<認定>

*昨年度に引き続き、認定を受けています。

横浜市経済局中小企業振興部

<概要>
産業財産権取得―商標権2件、特許権2件

1.事業計画、知的財産活動、目的、仕組み、未来への貢献が評価された。
2.知的財産活動を通して経営基盤を強化し、未来に向けて成長する企業として「横浜知財みらい企業」の認定を受けた。
<期間>
平成30年12月1日~平成31年11月30日

 

平成29年度 横浜知財みらい企業<認定>

*昨年度に引き続き、認定を受けています。

横浜市経済局中小企業振興部

<概要>
産業財産権取得―商標権2件、特許権2件

1.事業計画、知的財産活動、目的、仕組み、未来への貢献が評価された。
2.知的財産活動を通して経営基盤を強化し、未来に向けて成長する企業として「横浜知財みらい企業」の認定を受けた。
<期間>
平成29年12月1日~平成30年11月30日

 

平成28年度 横浜知財みらい企業<認定>

横浜市経済局中小企業振興部

<概要>
産業財産権取得―商標権2件、特許権2件

1.事業計画、知的財産活動、目的、仕組み、未来への貢献が評価された。
2.知的財産活動を通して経営基盤を強化し、未来に向けて成長する企業として「横浜知財みらい企業」の認定を受けた。
<期間>
平成28年12月1日~平成29年11月30日

 

平成30年度 横浜知財みらい企業支援事業<採択>

横浜市経済局ものづくり支援課

<概要>
特許出願支援
平成30年度特許出願2件に対する費用補助(2分の一)
<期間>
平成30年5月10日~平成31年3月20日